清川まなみ(党千代田地区くらしの相談室長)

清川まなみ

このまち(千代田)から希望ある政治を。

こんにちは清川まなみです

このまちから 希望ある政治 あなたの声を区政にとどけます

神保町の飲食店で34年。千代田区でくらし、はたらくみなさんの声を聞いてきました。その思いを胸に、区政に挑戦します。

NEWS

  • ALL
  • 活動記録
  • 議会
  • まちづくり
  • その他

もっと見る

SNS情報

誰もが大切にされる千代田へ

1

医療をささえ、安心の老後をつくります。

介護保険料・国保料等の負担を軽減します。がん検診への支 援をつよめます。 ケア労働に携わる職員を十分に確保し、処遇を改善します。

2

子どもも親も笑顔の子育て・教育支援

「くだんしたこどもひろば」など、再開発で閉鎖された後の 遊び場を確保します。学校給食を無償にします。

3

あらゆる分野でジェンダーの視点をつらぬきます

意思決定の場に女性を増やします。「国は選択的夫婦別姓の 実現を」の声を都心・千代田からあげていきます。

4

人にやさしいまちづくり

住民と環境にやさしいまちづくりをすすめます。

5

区政に挑む私の3つの思い

①このまちで、安心して暮らし、歳をとるバブルのときは、地上げの嵐が吹きあれ、人口が激減したこのまちで、その後、マンションが増え、人口も増えました。しかし、ずっと千代田区で暮らしてきた方、お店を営んできた方が生活し続けられるまちになっているでしょうか。
子どもの遊び場や年金で暮らせる施設づくりが追いついているでしょうか。このまちで、安心してくらし、歳をとれるよう政治を変えます。

②ジェンダー平等、多様性を認めあう社会を 私は飲食業経営者ですが、コロナ危機で、非正規雇用が多い女性、とくに飲食業の分野で職を失っています。また、妹の子どもたちは障がいを抱えています。差別、偏見、排除をなくし、だれもが人として認められる社会をつくりたいのです。

③将来世代に豊かな地球環境を手渡したい 今年も猛暑、気候変動がこのまちと世界を襲っています。
 温暖化による環境破壊を食い止め、豊かな地球環境を将来世代に手渡したい。 再開発中心のまちづくりを住民参加で見直していきます。

プロフィール

         

清川まなみ
(きよかわまなみ)

1964年荒川区生まれ。桜丘女子高校商業科、装道礼法きもの学院教授科卒。太陽信用金庫(現・城北信用金庫)勤務。神田神保町で飲食店「カラベラ小劇場」を経営、着付講師。

活動地域:九段南一丁目、九段北、富士見、飯田橋、一ツ橋、神田神保町、神田三崎町、西神田、神田猿楽町

リンク:日本共産党千代田区議団https://jcp-chiyoda.info/
木村正明https://www.kimura-masaaki.com/
牛尾耕二郎https://www2.jcp-tokyo.net/k-ushio/
日本共産党中央委員会https://www.jcp.or.jp/
日本共産党東京都委員会https://www.jcp-tokyo.net/
千代田区https://www.city.chiyoda.lg.jp/

もっと見る